前の記事 » 
次の記事 » 

電話回線増設工事と開業費用一覧-事務所開設準備編-社労士開業物語Vol.21

  公開日:2006/12/15
最終更新日:2017/05/01

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

※本記事は2006年12月の記事です。現在は事務所も別に構えており、設備もこの時の状況とはだいぶ、異なります。


今日は、NTT西日本さんが来て電話線の増設工事をするために会社をお休み中。


さすがに手馴れていて30分ほどで一回線増やして帰っていきました。


工事費用は、
1.基本工事費
  4,500円

2.契約回線新設
  1,000円

3.屋内配線(既設利用)
   2,400円

合計(税込み)    8,295円

です。

スポンサーリンク

特に3の既設利用というのを確認したところ、今まで一回線きてたのでその配線と調整をしたとのことで、回線がきてない状態の新設だと4,800円みたいです。


高いか安いかは別にして、回線を増設する予定のかたは参考までに・・・


これで、ネットワークやPC環境はある程度完成です。


現在のいなだ社会保険労務士事務所の状況は以下。
※青文字はリンク

個人事業での社会保険労務士事務所の開業準備状況

1. ノートパソコン1台

(開業時:VAIO TypeBX → 2012年11月現在、お勧めはVAIO type-Z

2. バックアップ用ハードディスク1台

シンクコネクトというオリジナルソフトが使えるIOデータをお勧めします

3. ネットワークプリンタ、FAX、コピー

ブラザープリンターインク代が1/10になる詰め替えインクビッグタンク

4. 電話

光回線電話)

5. 無線LAN環境

BUFFALO製AirStation

6. ドメイン取得

sr-inada.jp

7. サーバー契約

さくらサーバー(月500円)


合計で30万円も使っていません。


社会保険労務士という仕事は本当に開業資金がかからないと実感しました。


ただ、私が目指すものはニックネームにもあるとおり、ある手法を用いて会社の採用基準を構築する仕事。


将来的には専用サーバーの契約やシステムエンジニアを雇うことを考えると、まだまだやることがありますが、とりあえず私一人が業務をおこなうのであれば上記で充分な環境です。


事務所開設を目指すかたは参考までに・・・

※本情報は、2006年の情報です。上記のお勧めサービスは2012年版に変更しましたが、現在は事務所と自宅が別なこともあり、設備は変わっております。

同じカテゴリの記事を読む  起業開業記録  

 スポンサーリンク
 

5分で分かる面接の仕方

採用面接をおこなう全ての企業様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社はきっと損をしている。

面接人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を無料ダウンロード

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

月別

このページの先頭へ