私のブログ記事が同業他社に盗用されている事例

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

この愛知県の社労士、、、普通に私の記事をパクって自分が書いたようにブログに掲載してます。
法律に関する仕事をしているのに著作権法違反をして、どう考えているんだろうか?

ちゃんと、出展元(リンクでも可)を掲載して「参照や参考」とかつけたら、引用と思うから、こっちも別になんとも思わないのにね。

既にgoogleには著作権違反で連絡済みでして、Gogoleも著作権違反を認めた結果、彼の記事をgoogleインデックスから削除してもらいました。(証拠として魚拓もとってますし、PDFでも保管済みです。)


スポンサーリンク

【パクリ記事その1と2】
http://ameblo.jp/kanlabor/entry-12019051352.html
http://ameblo.jp/kanlabor/entry-12019055174.html



【1と2のオリジナル記事はこちら】
https://blog.sr-inada.jp/keiei/roudoubunpairitsu.html


【パクリ記事その3】
http://ameblo.jp/kanlabor/entry-11805254400.html

【3のオリジナル記事】
https://blog.sr-inada.jp/keiei/jinkenhiritsu.html



ビジネスである以上、以前、顧問先の求人サイトをパクって著作権法違反をした不動産投資会社には、顧問弁護士経由で金額面を含めそれ相応の責任をとってもらいましたが、社労士でブログなのでそこまでしなくて良いかなとは思ってます。

でもね。。。一生懸命時間をかけて書いた記事を簡単にコピペされるって、いい気分じゃないんですよ。ほんと。

大体、こういう事がたまにあるからブログには「右クリック禁止」プログラムを入れてるのに、自分で書かずにそれを突破する努力はしたというのがね。なんともね。

とりあえず、人のブログ記事やホームページの記事を引用元(リンクでも可)なども記載せずに、流用し自社のビジネスや集客に使うことは「盗用=著作権法違反」にあたるので、皆さんは気をつけましょう。
 スポンサーリンク
 

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

5分で分かる面接の仕方

採用面接をおこなう全ての企業様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社はきっと損をしている。

面接人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を無料ダウンロード

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

月別

このページの先頭へ