前の記事 » 
次の記事 » 

外貨取引(外国為替)管理シート

  公開日:2007/01/06
最終更新日:2017/05/02

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

実は、ここ2日間でビジネス戦略が大きく変わったんですが前回、「外貨の件は次回」という案内をしましたので掲載いたします。


この件で、ホームページにサイトを追加 して、利用規約(免責など)を作成したりと意外に時間をかけてしまいました。


SONY銀行の良さは前回、お話しましたが、外貨取引の件を掲載いたします。


私は以前、開業資金を貯めるために働いて ましたが貯金を増やす方法も考えていました。


銀行に貯金をしても利息など期待できません。


ギャンブルはリスクが高いのでNG。


株も リスクが高く初期投資も多いのでNG。


そこで見つけたのが外貨取引
(投資信託では ありません。個人でネット取引をします)


要は、円高の時(1ドル110円など)にドルを買い、 円安の時(1ドル120円など)にドルを売ると手数料を引かれた分が収益となります。


2007年1月現在は1ドル119円ほどで 推移しています。


ここ最近ですと円安と 言えます。


昨年12月上旬は115円ほど だったのでこの1ヵ月で収益を手にした人もいるでしょう。


しかし、常に円高→円安でうまく行くとは 限りません。


リスクは当然あります。


損切りはあまりしたくなかったので、考えた のが、円高→更に円高になった時、ドル(外貨)を買い足すというものです。


買い足す

ちょっと算数をしましょう。
1ドル100円で1,000ドル買ったが更に円高になり1ドル80円になったとします。

その時、1ドル80円で1,000ドル更に購入すると、平均されて1ドル90円で2,000ドル購入したと同じ事になります。


結果、1ドル90円以上の時に売れば損はしないことになります。
(手数料には注意が必要です)


この買い足しを「紙」で管理するのは至難です。


そこで関数を用いた管理用のエクセルファイル を作成しました。


外貨に興味のある友人に配りましたが、かなり 評判がいいです。


画面はこんな感じ



興味がある人は以下のサイトからダウンロードして ご自由にお使いください。


注1)外貨取引のリスクを理解した上でご使用ください

注2)利用規約を必ずご確認ください

注3)個人責任でご使用ください

注4)円安になるまで待つので余剰資金での運用が大前提。預貯金全額を使うのはリスクが大き すぎます。最悪のケースを想定して遊び金で運用をしてください。



URL  ・・・・・・・・

追記
※このファイルに関しては無料提供を終了しました。現在は有料に提供しております。


2017年追記
古い記事を読み返してみて、こんなことも書いていたのかと思いました。


上記は、ナンピンと呼ばれる手法ですね。


使えるお金がたくさんある時で、円に戻すまでいくらでも待てる時には確かに負けない手法です。


最近はFXもしているのですが、損切りもやっぱり重要ではあるんですよね。

同じカテゴリの記事を読む  つぶやき  

 スポンサーリンク
 

5分で分かる面接の仕方

採用面接をおこなう全ての企業様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社はきっと損をしている。

面接人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を無料ダウンロード

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

月別

このページの先頭へ