D-U-N-S®Number(ダンズナンバー)を個人事業主が申請する際の必要書類

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

D-U-N-S®Numberをいなだ社会保険労務士事務所として取得しようとしています。
※D-U-N-S® Numberは、世界標準化機構(ISO)、UN/EDIFACT、米国連邦政府などにより推奨されている企業識別コードのグローバルスタンダードです。


その際の必要書類を以下に記載しておきます
SPONSORED LINK

● 法人の場合
登記簿謄本


● 個人事業主の場合(下記のいずれか)
商業登記簿謄本
個人事業開始申告書
個人事業開廃業証明書
営業証明書
個人事業開業届出済出済証明書
公共料金請求書(屋号の記載のあるもの)
銀行口座通帳のコピー(屋号名義のもの)

● 任意団体の場合(下記のいずれか)
法人登記簿謄本
定款(総則部分)
規約(名称・事業内容・所在地の記載のあるもの)
公共料金請求書(屋号の記載のあるもの)
銀行口座通帳のコピー(屋号名義もの)



「社会保険労務士」や「社労士」で検索しても、今日現在、8件しかでてきません。


ということは、いなだ社会保険労務士事務所は日本で9番目に取得する社会保険労務士事務所となるんでしょうね。


弁護士とかも少なかったですね。一番多かったのが行政書士。外国人登録関係の仕事をしている人が多いからでしょうかね。

 SPONSORED LINK
 

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:D-U-N-S®Number(ダンズナンバー)を個人事業主が申請する際の必要書類

5分で分かる面接の仕方

採用面接をおこなう全ての企業様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社はきっと損をしている。

面接人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を無料ダウンロード

コメントは受け付けていません。

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

月別

このページの先頭へ