前の記事 » 
次の記事 » 

結婚前や妊娠前にブライダルチェックをする必要性、意味はある?男女ペアや検査項目など

公開日:2023/07/03

結婚や妊娠をしてからは遅いという風潮

ブライダルチェックという結婚前に、性病検査や不妊検査をする事を国がすすめています。

東京都では、男女ペアでブライダルチェックを病院やクリニックで受診をした場合に、補助金を出すほどです。

男性の給料が上がらず、経済的な力不足により女性に選ばれず結婚をできない独身男性も増加していますが、そもそも晩婚化による少子化が加速しています。

日本は婚外子が少ないので政府としても、結婚する人を増やし、子供を産んでもらいたいのです。

そのためにいざ子供を産もうとする時に初めて知った。。とならないようにブライダルチェックを推奨しています。

スポンサーリンク

両親も安心

結婚後に子供を作れない精子だったり、子供を産めない体と分かったり、性病を持っていたりHIVだったりが分かるよりも結婚前に分かっていた方が、選択をすることができます。

もちろん事前に知っていてから結婚をするのであれば問題はありません。

両親も相手の体のことも知りたいでしょう。

ブライダルチェックは家族のため、相手のためでもあります。

ブライダルチェックの検査項目

これはクリニックによって違いますし、詳細は、泌尿器科や婦人科のホームページを調べてみてください

また自治体が補助金を出すかどうかも調べてみると良いでしょう。

ブライダルチェックを受けようと言って、パートナーが「拒否した場合」は、なにか思い当たるフシがありそれを隠したいという事になります。

その場合は、信頼関係の問題にもなるので本当に結婚をすべき相手かをそこで見抜くこともできます。

性病検査は結婚前でなくても、これまで5人以上の人と性交をした人であれば、チェックをしておいた方が良いです。

※日本の女子高生の13.1%がクラミジアに感染しており、5人以上のセックス経験がある30%が感染しています。クラミジアだけでもです。

ブライダルチェックを受診できるクリニック

東京や埼玉県でブライダルチェックをおこなっているクリニックはコチラ
 

同じカテゴリの記事を読む  つぶやき  

 スポンサーリンク
 

5分で分かる面接の仕方

採用面接をおこなう全ての企業様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社はきっと損をしている。

面接人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を無料ダウンロード

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ