前の記事 » 
次の記事 » 

福沢諭吉先生の脱亜論。1885年

  公開日:2012/12/28

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

福沢諭吉「脱亜論」 1885年3月16日 時事新報(明治18年)

日本の不幸は支那と朝鮮だ。

この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。


スポンサーリンク

地球規模で情報が行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。

国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。

もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。

ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。

この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。

悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである



上記は福沢諭吉先生が投稿したとされる新聞『時事新報』紙上の社説。脱亜論と呼ばれているもの

今から約130年前の時代、インターネットも何もない時代に福沢先生はここまでの洞察力をもっていたことが素晴らしい。

中韓が隣国にいて日本を目の敵としているため、今でも自国の国民に反日教育をし続け、日本のマスコミも丸め込み情報操作をおこなっている現状。

130年前に「気をつけろ」+「どう行動すればいいか」とまで忠告してくださったのに、それが何もいかされていないことがあまりにも無念。

同じカテゴリの記事を読む  日記  

 スポンサーリンク
 

5分で分かる面接の仕方

採用面接をおこなう全ての企業様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社はきっと損をしている。

面接人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を無料ダウンロード

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

月別

このページの先頭へ